「人生は流行ステップ」

S&G(サイモンとガーファンクル)→B.S&T(ブラッド・スエット・アンド・ティアーズ)
そしてジャズに興味を示し始めた生意気なかまいちも、高校生に。
日本の音楽なんてカッコ悪~っ、と軽蔑しております。

そんなある日、クラスメートの一人が学校にギターを持ってきました。
フォークギターというやつです。
1972年当時鉄弦ギターはまだまだ珍しく、奴は一躍スターに!
さらにくやしいことに、そいつがかなり上手かった!
吉田拓郎ナンバーをあれこれ弾き語ったんですが、
特に受けたのがあの「リンゴ」

リンゴ1個で何大げさに歌ってんだよっ!と内心思いましたが、
それは明らかに負け惜しみな訳で。

奴のまわりにみんなが集まり、フォークの話で盛り上がるし。

まあ、日本の曲にも良いのがないわけじゃないし。

やっぱ、聴いてるだけじゃつまんないし。

ギター弾ければかっこいいし。

女の子にも(以下略)





・・・僕にもフォークギターが必要だ!





という結論に達したのであります。
あっさり流行にのっかってしまいました。(^^ゞ

・・・日本の音楽を軽蔑してたって話はどこへ行ったんでしょうね。(笑)


ところで。

皆さんお気づきですね。
吉田拓郎の「リンゴ」、石川鷹彦さんが深くかかわっておられます。
僕が再度ギターを手にしたきっかけも石川さんだったのです。
(当時は誰が弾いてるかなんて知りませんでしたが・・・)
やっぱり石川さんは偉大なミュージシャンだ!



さて、なんだかんだで僕はフォークギターを入手します。

画像


ヤマハFG-160

トップ:スプルース合板
サイド&バック:サペリ合板
ネック:ナトー
発売時価格:\16,000

この続きは次回に・・・

(「人生は流行ステップ」かぐや姫)


三階建の詩
日本クラウン
2007-05-09
かぐや姫


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

黒板六郎
2010年07月27日 23:29
かまいちさん、お久しぶりっす!
フォークギター、黒板の時は中学ん時のキャンプでした。
いつもは目立たない女の子が、
パフだったかなんだったか?(英語の歌)
弾き語りしてて、うわ~凄ぇ!って感動したことがあります。
やはりギターはヤマハFGだったような?
続き楽しみにしてまっす♪
かまいち
2010年07月28日 10:29
黒板さん、どもっ!

黒さんの中学時代っつうと、ペリーが来た頃?
・・・じゃないよね。もう帰った後ですね。
(このギャグ↑、どっかで聞いたなー。笑)
年代的に僕とほぼ同時期っすね!

あの頃ギターと言えばヤマハかモーリスか二光通販(笑)
みんな同じように青春してたんですね~(遠い目)

この記事へのトラックバック