「あゝ青春」

YD-304との日々が始まりました。

愛用者カードを送ったら、S-yairi純正(?)の音叉が送られてきました。
ちょっと珍しいでしょ?(^_^)v

画像


一緒に写ってるのは保証書。

画像


「無期限に保証」です。すごい自信ですね。
ユーザーとしてはうれしい限りです。

・・・もっとも皆さんご存知のように、「矢入楽器製造株式会社」は82年に倒産。(-_-;)
今はもう誰も保証してくれません・・・
(現在のS-yairiは、全く別の会社です。)


肝心の音は・・・
やっぱり少々固め。

よ~し、ガンガン弾きこむぞ~っ!

ところで。

ここで僕がどんな奴かを思い出して下さいな。

最初から言ってる通り、掛け値なしにギターヘタなんです。(^^ゞ

「ガンガン弾く」と「乱暴に弾く」は全然違う。
ヘタな僕はつい、乱暴に弾いてしまったりして。(汗)

また304はFG-160より弦高がやや高めで、それに手が慣れてなかったし、
音量が小さめなので、よけい強く弾いてしまったり。

・・・そんな訳で、かなりキズつけてしまいました。
これ、かなりへこみますよね。(-_-;)
自分のせいだからどうしようもないし・・・
とにかく早く「鳴る」ようにならないかなあ。


でも皆さんご承知のように、そう簡単に「鳴る」ようにはなりません。
そうして日々は過ぎてゆきました。




(「あゝ青春」吉田拓郎)

コンサート イン つま恋 1975 [DVD]
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
2005-08-02
吉田拓郎


Amazonアソシエイト by コンサート イン つま恋 1975 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒板六郎
2010年08月28日 22:10
S-yairi純正の音叉、良いっすね♪
革のケースも素敵です。
トマトと交換しましょう!(笑)

さてさて、どんなふうにして「鳴る」ようになったんでしょうか。続きが楽しみです。
かまいち
2010年08月29日 10:51
黒板さん、毎度コメントありがとうございます。
続きはまあ、ぼちぼちと・・・

>トマトと交換しましょう!(笑)

交換手数料を頂戴することになりますが、宜しいでしょうか?(笑)

この記事へのトラックバック