「時代は変わる」

人間、青春時代に良いと感じた音楽は、一生好きでいるんだとか。
だから僕にとってギターサウンドの基準は、石川鷹彦さんとか
サイモン&ガーファンクルあたりのアコースティックな音なんです。
これが体に染みついちゃった。もう取れない。(笑)

僕はエレアコは好みじゃないと何度も書きましたが、
それはこういう事情によるものでありまして、
決してエレアコを否定している訳ではありません。
もしご不快に感じられたなら、深くおわびいたします。

画像


この本、最近ちょっと話題になりましたね。
業界の裏話などがいっぱいで、興味深く読みました。
長年楽器・ギター製作にかかわってこられた方だそうですが、
やはり「エレアコはまだまだ発展途上」と考えておられる様子です。
便利な楽器なのは確かですから、これからの進化が楽しみでもありますね。
今のところ僕はエレアコを買うつもりはありませんが・・・

とは言え、人間って奴は身勝手なものですから、
いつか僕もエレアコ最高!とか言い出すかもしれません。
例えばもし石川さんがそう言い出したら、自分もあっさり転向するかも。(笑)
その時はエレアコファンの皆さん、よろしくお願いします。(←おい!)

というのも、この頃ちょっと趣味が変わってきたのか、
かつて(中高生の頃)あれほどダサいと思ってたガットギターの音、
嫌いじゃなくなってきたんですよ。
いや、曲によっては、ガット最高!とか思ったりして。
年をとったのか、趣味の幅が広がったのか、
それともようやくガットの良さに気付いたのか。
・・・きっと後者ですね。(^^ゞ
だからこの先どうなるかなんてわからないのでありまして。(汗)

まあ、聴く音楽の幅が広がったのは良いことでしょう。
(・・・と、自分に言い訳をしている。笑)

(「時代は変わる」ボブ・ディラン)

時代は変る
Sony Music Direct
2006-12-20
ボブ・ディラン


Amazonアソシエイト by 時代は変る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック