「ギターを持った渡り鳥」

さ~て、久々の石川さん&ギターネタ。(笑)
公式BBSにも書き込みましたが、ようやく発表されましたね。

「石川鷹彦シグネチャーモデル LL-TAKA Limited」!

画像


詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/ac-guitars/l_series/ishikawa01/

石川さんライブの告知で、「ヤマハ アコースティックギターLシリーズ 石川鷹彦モデル発売記念 石川鷹彦 Special Live」
・・・とあるのに、どんなギターかが発表されず、ずいぶん気になってました。
まあ、いくら気になっても、買えるわけはありませんけどね。(笑)
「女房質に入れてでも」なんて表現もありますが、うちの場合はキロいくらだし。


以下、上記のリンク先を見ての感想。

●デザインは、歴代ヤマハギター中、最高じゃないかな。
残念なデザイン(笑)が多い中、これは断然かっこいいと思います。
さすがは石川さんです。

●材質・・・なんとまあ見事なベアクロー!ヤマハ、すごい材を持ってる・・・
でも、さすがにハカランダって訳にはいかなかったか。
仕方ないですね。

●価格・・・そりゃあまあこれくらいのお値段はするわなあ。
作りもよさそうだし、むしろ意外にお値打ち価格かも。

●「これまで何本ものヤマハのギターを使ってきたが、
このギターは、ずば抜けて良い。」
石川さんにこう言われると、欲しくなりますって!



でもねえ・・・・



以下、公式BBSには書けない(笑)感想。



なお、僕はギターのことなどろくに知りません。ド素人です。しかもギターはド下手。
だから怒らないで読んで下さい。
詳しい方、ギター上級者の方にとっては噴飯ものだろうなあ・・・
そんな僕ですが、石川さんモデルが出ると聞いて、生意気にこう思いました。


・・・YAMAHAかぁ・・・


<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>

不愉快に思われた皆様には深くお詫び申し上げます。
YAMAHAの音って、あんまり好きじゃないもんですから・・・

ヤマハの楽器って、実にしっかり作ってあると思うんですよ。
良い材料を高い技術できっちりとね。
音を奏でる「道具」としては最高だと思います。

では、なぜすべてのアーティストがYAMAHAを使わないか。

(勝手な想像ですが)
「道具」としては最高でも、必ずしも「楽器」として最高とは限らないのでは?
例えば石川さんのTEXAN。
作りはああだけれど、楽器としては素晴らしいですよね。
ヤマハは良い意味での「いい加減さ」が欠けてるような気が・・・

石川さんは、「このギターは、ずば抜けて良い。」
と仰ってるけど、これって「ヤマハのギターの中では」ってことですよね。
YAMAHAはタフさが要求されるツアー等で活躍してますが、
メインギターは(曲によって違うけど)やっぱりカオル「KAMUY」かと。
もちろん、最終的には個人の好みの問題ですけどね。


それから、石川さんのファンとしてちょっと気になったこと。

「さだまさしモデルより安いんかい!」

いや、別にさださんに恨みはないんです。さださんがギター上手いのも知ってます。
でもね、「石川鷹彦モデル」と銘打つんなら、最高のものであってほしかった訳で。
さださんの半分の価値と言われてるみたいで、くやしい!
・・・そう思いませんか?(笑)

ヤマハのフェアで、その120万円+税のギター触らせてもらったんですが、
正直僕にはあまりピンとこなかったんですよ。
だから、よけいにひっかかる・・・

なるべく多くの人が手にできるよう、できるだけリーズナブルな価格で提供してこそ
シグネチャーモデルの意味がある!
・・・ということで、この設定になったのかな?
でも、30本限定なんだよなあ。60万円+税が高いか安いかは別にして・・・


石川さんモデルかぁ・・・・


できるなことなら、そうですね・・・
カオルギターは無理だろうから、(師匠筋にあたる?)HEADWAYあたりで、
10~20万円くらいで出来ないもんですかねえ・・・
・・・無理だろうな、これも。(^^ゞ

なんだか複雑な気分にさせてくれる「LL-TAKA Limited」であります。








それにしても・・・・







肝心の音も聴かずに、何エラソーに書いてるんでしょうね。(笑)
ご不快に思われた皆様には、あらためて深くお詫び申し上げます。<(_ _)>

(「ギターを持った渡り鳥」小林旭)

(決定盤)小林旭大全集
コロムビアミュージックエンタテインメント
2009-02-18
小林旭


Amazonアソシエイト by (決定盤)小林旭大全集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哲ちゃん
2011年06月03日 23:16
部材は別として案外安いんだなぁと思ったのが率直な印象でした。
実はボクもかまさんと同じように最高の材で最高の仕上げをして最低100万円以上の物を作るのかと思ってました。
おそらく石川さんのはハカランダ材と本物のベアクロウ材を使用した全くの別物でしょうね。
正直「見かけ」だけのシグニチュアーモデルなんて意味ないじゃん!
石川さんのと同仕様のものを限定30本で発売するのなら「天晴れ!」ですがこれじゃぁ「喝!」ですな。(^◇^)
かまいち
2011年06月03日 23:45
やっぱり同じように感じられましたか。
意外に安いですよね。
YAMAHAの本気ではないってことなのかな?
だとすれば、石川さんに対して失礼だよね!

どうせなら哲ちゃん仰る通りに同仕様のを出すか、
逆に単なる「石川鷹彦デザイン」としてもっと安価に
提供してほしかった。
なんか中途半端だなあ、って気がしますね。
ふれ
2011年06月06日 14:13
ギターのことは、かまいちさん以上にさっぱりわからない自分ですが、、、
あの桜吹雪の女っぽい120万より、ベアクロウギターの方が、絶対に絶対にデザインいいよね。
でもね、先日の予感+ツアーでのあの桜吹雪、だいぶ音が良くなってきてましたよ。初めは、乾いた感じがしてたけどね。さださん、とっても変わった弾き方をマスターしてました。確かに上手になってますね。
でも上手と下手、良いと悪いは違う・・・と、今回のライブでりんてんさんが言ってました。私も、カムイが一番好きです。さだコンサートで弾くヤマハの石川さんギターも、いいですけど。桜吹雪が120万なのは、やはり名前?ですよ。AKBとか付いただけで、筆箱とか高いし・・・ね。
かまいち
2011年06月06日 18:59
そうですか、あの桜吹雪、育ってきましたか!
(最近さだコンにご無沙汰だもんで・・・すんません)
ギターの音は変化するってこと、忘れてました。(^^ゞ

値段については・・・どうなんだろ?
やっぱ、名前なのかなあ。
個人的には「石川鷹彦モデル」の方が高価で当然!
だと思うのですが。あ、AKBモデルはいりません。
(意見には個人差が・・・ですね。笑)

今後石川さんが「LL-TAKA Limited」をお使いになるかどうかも、ちょっと気になりますね。

この記事へのトラックバック

  • 「のんびり行こう」

    Excerpt: ※写真と今回の内容は、あまり関係ありません。(笑) Weblog: 釜風呂 racked: 2011-10-19 17:58