「傷だらけの人生」

で、我が家にやって来たケンウッドKP-880DⅡのこと。

そもそも30年近く前の製品です。
新品同様って訳にはいきません。当たり前だ。

この程度のセロテープ跡や
画像

これくらいの小キズ・スレは当然、想定の範囲内。
画像

想定の範囲内ではあったけど、タバコの臭いは少々残念。
それから、全体にどこかちょっとくたびれた印象。
30年近く前のモノですから仕方ないです。
それでも比較的きれいな状態と言えるでしょう。

出品者さんによって清掃されてはいましたが、さらに一拭きクリーニング。
微調整は後回し。とりあえず動作確認と音出しチェック。


・・・回転はOK。アームリフターもOK。
・・・音も出ました。完動品です。あ~よかった。


当初はやたらパチパチノイズが多かったんですが、
アームの高さ・ゼロバランスを再調整したらあっさり解決。
っつうか、明らかにKP-700Dよりノイズが少ない!
同じレコード・同じカートリッジなのに、何故だ?

(KP-700Dはもう動作しないんで)
数か月前まで聴いてた記憶の中の音との比較なんですけどね。
一緒にいたかま嫁も同じことを言ったので、気のせいじゃないと思います。

KP-700Dもきちんとした音で全く不満はありませんでした。
でも、880DⅡはより安定感があって、なるほど上級機だ♪って感じでしょうか。
しっかり作りこまれた機械は、しっかりとした音を出してくれますね。
昨今はこうした製品、ほとんど姿を消してしまったような。
(・・・需要も極端に少なくなったから、無理もありませんが)

ともあれ久々に聴くアナログの音、実によろしい!
「あの頃」の音楽、実によろしい!!
次はどのLPをかけようかなっ♪

さあ、これから毎日、聴くぞ~~~~っ♪♪♪




































で、その後どうなったかと言いますと。


・・・あんまり聴いてない。
・・・だって、めんどくさいんだもん。(^^ゞ



・・・実はこれも想定の範囲内だったりするのです。(笑)

(「傷だらけの人生」鶴田浩二)

鶴田浩二 ベスト&ベスト PBB-010
プルーク
2008-06-01
鶴田浩二


Amazonアソシエイト by 鶴田浩二 ベスト&ベスト PBB-010 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック