「旅の終り」

ちょっとうれしいことがありました。 某SNSの日記(・・・放置状態の。汗)に、古い友人がコメントをくれたんです。 昔、北海道のYH(ユースホステル)で知り合った人物なんですけどね、 僕が昔のニックネームで書いてるんで、もしやと思ったんだそうな。 彼も昔の名前ででてたんで、すぐわかりました。 30年ばかり前のYHって、ほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ドライヴ・マイ・カー」

身内の恥を曝します。 女房・子供たちと雑談してた時のこと。 クルマの燃料計についてなんですが、 皆さんご承知のように「F」は「Full」、「E」は「Empty」。 ところが。 かま嫁 「Eはエンドだと思ってた。」 ・・・おい! 息子1(高校生) 「え、エンストと違うの?」 ・・・お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いつか冷たい雨が」

友人のブログにおいしそうなトマトの写真がアップされてました。、 大きさ比較用にカポタストを写すあたり、さすがのセンス♪ 畑で熟した奴をガブリとやったらいいだろうなあ。 うらやましいです。 我が家では無理なんだもん。 いえ、カポタストは僕だって持ってるんですけどね。 これ、うちの家庭菜園(跡)です。 シソ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「まあるいいのち」

今年は「COP10」(生物多様性条約第10回締約国会議)とやらが 名古屋市で開催されるそうです。 (「COP10」は「コップ・テン」と読みます) こんなチラシを入手しました。 子どもたちが体で「COP10」を表しています。 かわいいですね。 彼らの未来のためにも生物多様性が保たれることを祈りたいです。 いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ギターを鳴らせ」

驚きました。 かま嫁曰く、「段ボールギター、まだとっといてあるわよ。」だって! これです。 製作から10年以上、かなりの経年変化が認められます。 ネック折れ・ネック元起きがひどいですね。 トップの状態も良くないな~。 鉛筆書きの弦も薄くなってます。 まあ、園児だった子供達も今や中高生ですからねえ。 仕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ガンバラナイけどいいでしょう」

かくしてまた始まったギターとの日々。 学生時代のようなひたむきさはもう、ありません。 必死に努力してやっと弾けた時のうれしさ。それはもちろん知ってます。 同年代でより高い所をめざしている人も沢山います。 僕も頑張らなくちゃ!と思う時もある。 でもね、練習する気合やら根性やらが湧いてこないんですよ。 ・・・老眼のせいか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「青春の詩」

90年代に入ると、少しばかり風向きが変わります。 時折フォーク特集番組が放送されるようになったんです♪ 僕らの「青春の歌」が帰って来た! WOWOWで放送された「坂崎幸之助のミュージックランド」あたりが嚆矢でしょうか。 これはくやしかったな~。 WOWOW加入してないから見れないの! 無料放送の日はしっかり見ましたが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「さらば青春」

YD-304と暮らす楽しい日々。 でも、蜜月はそれほど長くは続きませんでした。 僕もやがて職に就く時が来たのです。 それまでのような時間はありません。 さらに音楽シーンも移り変わってゆきます。 フォークからニューミュージックへ、さらにポップ、ロックへ。 アコースティックギターはダサい!ってな風潮に。 僕個人に関…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「あゝ青春」

YD-304との日々が始まりました。 愛用者カードを送ったら、S-yairi純正(?)の音叉が送られてきました。 ちょっと珍しいでしょ?(^_^)v 一緒に写ってるのは保証書。 「無期限に保証」です。すごい自信ですね。 ユーザーとしてはうれしい限りです。 ・・・もっとも皆さんご存知のように、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「青春」

気を取り直して、ギターの話に戻ります。(^_^;) 楽器店のYD-304・・・やっぱりFG-160より貫禄があります。 ただ、この頃から品質低下の噂がありました。 需要の急増・良質な材の不足など、無理もありません。 お店のお兄ちゃんに相談。・・・値段なりの音はしますか、これ? すると、「悪くないけど、こっちなん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「うらみ・ます」

お盆期間が明けてすぐ、いつもの電器屋さんが来てくれました。 例のエアコンの部品を持ってね。 あっさり修理完了。しばし雑談。 もう1軒修理を依頼されてた家があって、そこは部品がもう無いんだとか。 「15年もののエアコンなんだけど、昨年・一昨年なら修理可能だったのになあ。」 と彼は言います。 部品代約1万円コースの我が家…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「防人の詩」

おしえてください この世に生きとし生けるものの すべての生命に限りがあるのならば 海は死にますか 山は死にますか 風はどうですか 空もそうですか おしえてください ご存知「防人の詩」(さだまさし)です。 海は死ぬのか 山は死ぬのか 風はどうなのか 空もそうなのか おしえることはできません。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「君と歩いた青春」

さて。 ようやく指もギターに慣れ、「F」もなんとか押さえられるようになり・・・ 「なごり雪」と「22才の別れ」のギターに魅入られ・・・ まあ、よくあるパターンで高校時代は過ぎます。 そしてなんとか大学生に。 もちろん学生アパートにギターも持って行きましたよ。 でも、大きな音は出せません。 ギター・マンドリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「甲子園」

夏の甲子園・高校野球が始まりましたね。 青い空・白い雲・全国から集まった球児たちが投げる!打つ!走る! 声の限りに応援するスタンド・はじける汗! 試合の後、彼らがぬぐったのは汗?それとも涙? きっと一生忘れられない夏になったことでしょう ・・・なんちゃって。お好きな方にはもう最高でしょうね。 でも一方では・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青春の傷み」

あこがれのフォークギターを手にしたのはいいけど・・・ 指先が溝状に凹む。 皮がむける。 指が痛い。 まさしく「青春の傷み」そのものであります。(笑) 70年代中頃になると、フォーク関係の雑誌もあれこれ出始めましたね。 老舗の「新譜ジャーナル」、ややミーハーっぽい「guts」、 もう少し後には「guita…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私たちの望むものは」

FGネタは続きます。(笑) ヤマハFG-160・・・発売当初は\16,000でした。 でも、僕が入手した時は\18.000! プレミアがついたんじゃありません。単なる値上げです。 発売から1年経つか経たないうちに値上げ! 時あたかもオイルショック~狂乱物価の頃。 この先日本は、世界はどうなっちゃうんだろう・・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」

さて、僕のFG-160がどんなんだったか。 まず、3弦がストリングポストのあたりでよく切れました。 ビンっ! あ~、ン百円が飛んでった・・・ 高校生にとってこの手の出費は痛いです。 そう言えば、時々弦を煮たっけな~。 確かに音は新品時に近くなったものの、鍋は傷だらけ。(笑) ちょっと弦を張りっぱなしにす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「人生は流行ステップ」

S&G(サイモンとガーファンクル)→B.S&T(ブラッド・スエット・アンド・ティアーズ) そしてジャズに興味を示し始めた生意気なかまいちも、高校生に。 日本の音楽なんてカッコ悪~っ、と軽蔑しております。 そんなある日、クラスメートの一人が学校にギターを持ってきました。 フォークギターというやつです。 1972年当時鉄弦ギタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「真夜中のギター」

そう言えばまだギターの話をしてなかったような。(^^ゞ 僕はギターが好きです。 でも、ちっとも・全く・さっぱり上手くない。ド下手です。 これ、石川鷹彦さんのせいなんです。 石川さんが「悪い」という訳ではありません。 石川さんが「原因」だと言っている。 どういうことかと言いますとね・・・ 1970…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春デンデケデケデケもしくは「ダイヤモンド・ヘッド」

未見だった「青春デンデケデケデケ」、とある方のご厚意によって観ることができました。(^_^) 青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]パイオニアLDC 2001-04-25 Amazonアソシエイト by 当ブログ「イムジン河」でも書いたとおり、趣味は人それぞれでありまして。 実は僕、O林(仮名)監督は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more