テーマ:石川鷹彦さん

石川鷹彦&岡崎倫典ジョイントライブat「ABC」カフェ

2013年9月29日(日)、石川鷹彦&岡崎倫典ジョイントライブがあるという。 愛知県江南市の「スタジオM」という楽器屋さん主催のライブ。 行こうかな。どうしようかな。 江南市・・・行ったことありません。 検索してみると、家から電車で約2時間。行けなくはないな。 ・・・でも、石川さんソロじゃないんだ。 ・・・でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Work Song」・・・WORKSⅡがやって来た♪

はい、「石川鷹彦WORKSⅡ」です。 ここをご覧の皆様、もちろんお持ちですよね! 我が家には8月28日に到着しました。 「メール速達便」ってのがうれしいじゃありませんか! 内容も文句なし! これだけのデータをまとめるのは大変だったろうなあ。 貴重な写真も満載。紙質・印刷等も良いですね~。 とにかく全体のセンスが素晴らし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「笑顔同封」

手紙が来ました。 事務的な茶封筒。宛名はシールに印刷したのを貼ってある。 いわゆるダイレクトメールです。 こういうのはたいていゴミ箱行きが相場なのですが、今回は違った! 「石川鷹彦WORKSⅡ」予約注文のご案内! 捨てられる訳がありません。 欲しかったチラシも入ってる。保存版であります。♪ しかし。 僕は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんな夢の中」

・・・という訳で、行ってきました、「たか・たく アコースティック・ライブ」名古屋公演! 石川鷹彦(ギター)・宅間久善(マリンバ)という異色のコラボ。 いろいろあってどうなることかと思いましたが、無事開催されました。 会場の立て看板の写真でも撮ろうと思ったのですが、 ・・・無い。 無いんですよ、立て看板が。ポスターの類も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「のんびり行こう」

※写真と今回の内容は、あまり関係ありません。(笑) え~、のんびりゆっくりマイペースで気ままに更新してきた「釜風呂」、 ごく少数の皆様に支えられて、記事も100を越えました。 読んで下さった皆さま、ありがとうございます!<(_ _)> 100回を機に、どの話題がアクセス数が多かったかを見てみました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イルカにのった少年」

またまた「イルカスペシャルライブ  フォークと歩んだ40年!」がらみの話。 前回書いたように、なかなか楽しいライブ番組でした。 外国ドラマなんぞより、こういうライブをもっとやればいいのになあ。 しかし。 まあ、ここだけの話、イルカのあのメルヘンちっくな世界はちょっと、その、 え~と、何と言うか、あの~、要するに、正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「或る日突然」

8月19日、夕刊を開いて驚きました。 2面半分石川鷹彦さん! しかも、カラー♪ 8月19日付中日新聞夕刊2面、「あの人に迫る」という欄です。 (東京新聞にも掲載されたけど、こちらはモノクロだったらしいですね。) 内容はとくに目新しいことはありませんが、ファンとしてはうれしい♪ 西日本新聞や北海道新聞には載らなかったの…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「HAPPY BIRTHDAY」

7月16日と言えば、石川鷹彦さんの誕生日。昔からそう決まってます。 いつ頃からかと言うと、1943年から。 ・・・ということは、石川さん68歳ですか! とてもそうは見えませんね。若い! 精神の若さがルックスに現れた良い例だと、勝手に思ってます。 これからもずっと現役でいてほしいですね。 石川さんのギターサウンドや奏法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ギターを持った渡り鳥」

さ~て、久々の石川さん&ギターネタ。(笑) 公式BBSにも書き込みましたが、ようやく発表されましたね。 「石川鷹彦シグネチャーモデル LL-TAKA Limited」! 詳しくはこちら↓をご覧ください。 http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/gui…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「うたたね」

1月15日は「石川鷹彦 ソロ・ライブ 2011」でしたね。 今回僕は不参加。諸々の事情があったので仕方ありません。 (・・・って、なんで言い訳しなきゃいけないんだ?笑) 参加できた皆さんのレポもそろそろ一段落。 しっかり楽しませて頂きました。 それにしても皆さんよくあんなに書けますね~。 マジにすごいと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうぞこのまま」

さて、僕らの音の基準は石川鷹彦さんのアコースティックギターなんですが・・・ 石川さんもエレアコを使っておられた時期がありましたね。 僕が見たのは、イルカのサポート時の映像です。 1990年のファンタスティック・トリップっていうツアー。 91年にNHK BS-2で放送されましたね~。 VTRやLDでも発売されてたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくと観光バスに乗ってみませんか」を観光バスの来ない村で聴いた。

北海道・石川さんと言えば・・・ それは三十数年前の6月のこと。 僕は北海道S半島西海岸の某YH(ユースホステル)に宿泊していました。 大学祭が6月なので、その前後を自主休講(笑)しての北海道一人旅。 ワイド周遊券とYHが強い味方です。 当時まだS半島一周道路は開通しておらず、 そのYHまではバス終点から海沿いの山道を…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「旅の終り」

ちょっとうれしいことがありました。 某SNSの日記(・・・放置状態の。汗)に、古い友人がコメントをくれたんです。 昔、北海道のYH(ユースホステル)で知り合った人物なんですけどね、 僕が昔のニックネームで書いてるんで、もしやと思ったんだそうな。 彼も昔の名前ででてたんで、すぐわかりました。 30年ばかり前のYHって、ほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「青春の傷み」

あこがれのフォークギターを手にしたのはいいけど・・・ 指先が溝状に凹む。 皮がむける。 指が痛い。 まさしく「青春の傷み」そのものであります。(笑) 70年代中頃になると、フォーク関係の雑誌もあれこれ出始めましたね。 老舗の「新譜ジャーナル」、ややミーハーっぽい「guts」、 もう少し後には「guita…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人生は流行ステップ」

S&G(サイモンとガーファンクル)→B.S&T(ブラッド・スエット・アンド・ティアーズ) そしてジャズに興味を示し始めた生意気なかまいちも、高校生に。 日本の音楽なんてカッコ悪~っ、と軽蔑しております。 そんなある日、クラスメートの一人が学校にギターを持ってきました。 フォークギターというやつです。 1972年当時鉄弦ギタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「真夜中のギター」

そう言えばまだギターの話をしてなかったような。(^^ゞ 僕はギターが好きです。 でも、ちっとも・全く・さっぱり上手くない。ド下手です。 これ、石川鷹彦さんのせいなんです。 石川さんが「悪い」という訳ではありません。 石川さんが「原因」だと言っている。 どういうことかと言いますとね・・・ 1970…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「生きてることが辛いなら」

6月16日、NHK BS2「ウエンズデー J-POP」 石川鷹彦さんがご出演♪、ってことなので録画して見ました。 近頃の若いもん(笑)向けの番組なんですね~。 観客全員立ってる! ・・・おじさんにはついてゆけません。ああTVでよかった。(笑) さて。 石川さんのギターはもうさすが!としか言いようがありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくたちの失敗」じゃなくて僕の失敗

森田童子一連のCD・・・そのうち買おうと思ってたら全部廃盤! 未だ再発の気配なし! 出た時買っておけばよかった。失敗したなぁ・・・ 今回「PLAY FOLK SONGS」に「ぼくたちの失敗」が入ると知った時、 この後悔がまた僕を落ち込ませたのでありました・・・ さて。 アンケートはがきに「今後石川鷹彦にカヴァーし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウンド・オブ・「サウンド・オブ・サイレンス」

「サウンド・オブ・サイレンス」だけじゃなくて「PLAY FOLK SONGS」の っていうか、最近のCD全般のサウンドなんですが・・・ 僕の理想は、左右スピーカの真ん中に等身大の石川さんがいて 実物大のギターから音楽が・・・そういうふうに聴こえる音なんです。 ところが、どうも違う。そうは聴こえないんですね。 良く言…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「なごり雪」を降らすには

もういっちょ「PLAY FOLK SONGS」ネタを。 前回ちょっと否定的ともとれる表現をしてしまいましたが、 それはこのアルバムを愛するゆえのこと。 万一御不快な思いをされたのならおわびいたします。<(_ _)> 「この「落陽」はちょっとすごいんじゃないかな 」でちょっとだけ書きましたが、 このC…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「22才の別れ」は・・・

連日ヘビーローテーションで「PLAY FOLK SONGS」かけまくってます。 おそらく「2010年中にもっともよく聴いたCD」となるでしょう。 うん、間違いない! とりわけ「落陽」「なごり雪」「海岸通」「ぼくたちの失敗」はお気に入り。 何度聴いても良いなあ。名盤だと思います。 しかし・・・ギターの神様石川鷹彦様も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この「落陽」はちょっとすごいんじゃないかな

で、石川鷹彦さん「PLAY FOLK SONGS」の感想なんですが、その前に一言。 石川さんはご自分のHPのBBS、しっかり読んでおられるそうです。 そして、とても楽しみにしておられるとも聞きます。 だから石川さんネタは基本的にあちら(本家BBS)に書きこませていただくつもりです。 このブログをご覧になった皆様も、ぜひ書きこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「再会」もしくは再開

んじゃあ、ちょっと書いてみます。(笑) ネタはやっぱり石川鷹彦さんのニューアルバム「PLAY FOLK SONGS」。 ・・・良いです。本当に良いです。♪ 全曲カバー。インストゥルメンタル でも、絶対にBGMではない。 BGMがいけないというのではありませんが、このアルバムは違う。 石川さん公式HPのBBS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more