テーマ:ギター

行ってきました、伊勢正三「風」ひとり旅コンサート~時は流れて…~

全編「風」時代の楽曲によるアコースティックライブ。 昨年の「ひめ風」と違って「宴会部長」こうせつはいない。 どんな感じになるんだろう。やっぱり静かな感じかな? それはそれで良いですね、うん。 正やん単独ライブに参加するのは初めてなのです。 ちょっと早めに会場の「日本特殊陶業市民会館」へ。 結構人が集まってます。し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦&岡崎倫典ジョイントライブat「ABC」カフェ

2013年9月29日(日)、石川鷹彦&岡崎倫典ジョイントライブがあるという。 愛知県江南市の「スタジオM」という楽器屋さん主催のライブ。 行こうかな。どうしようかな。 江南市・・・行ったことありません。 検索してみると、家から電車で約2時間。行けなくはないな。 ・・・でも、石川さんソロじゃないんだ。 ・・・でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Work Song」・・・WORKSⅡがやって来た♪

はい、「石川鷹彦WORKSⅡ」です。 ここをご覧の皆様、もちろんお持ちですよね! 我が家には8月28日に到着しました。 「メール速達便」ってのがうれしいじゃありませんか! 内容も文句なし! これだけのデータをまとめるのは大変だったろうなあ。 貴重な写真も満載。紙質・印刷等も良いですね~。 とにかく全体のセンスが素晴らし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「みんな夢の中」

・・・という訳で、行ってきました、「たか・たく アコースティック・ライブ」名古屋公演! 石川鷹彦(ギター)・宅間久善(マリンバ)という異色のコラボ。 いろいろあってどうなることかと思いましたが、無事開催されました。 会場の立て看板の写真でも撮ろうと思ったのですが、 ・・・無い。 無いんですよ、立て看板が。ポスターの類も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「スタンド・バイ・ミー」

「イルカスペシャルライブ  フォークと歩んだ40年!イルカ with Friends」(8月14日、BS-JAPAN) ご覧になりましたか? こうせつ・正やん・冬馬がゲスト。 なかなか楽しめるライブ番組でしたね。 ん? 何か違和感が。 あれ?イルカのギター、ストラップが無い? ってか、宙に浮いてないか? …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「ギターを持った渡り鳥」

さ~て、久々の石川さん&ギターネタ。(笑) 公式BBSにも書き込みましたが、ようやく発表されましたね。 「石川鷹彦シグネチャーモデル LL-TAKA Limited」! 詳しくはこちら↓をご覧ください。 http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/gui…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「時代は変わる」

人間、青春時代に良いと感じた音楽は、一生好きでいるんだとか。 だから僕にとってギターサウンドの基準は、石川鷹彦さんとか サイモン&ガーファンクルあたりのアコースティックな音なんです。 これが体に染みついちゃった。もう取れない。(笑) 僕はエレアコは好みじゃないと何度も書きましたが、 それはこういう事情によるものでありまして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうぞこのまま」

さて、僕らの音の基準は石川鷹彦さんのアコースティックギターなんですが・・・ 石川さんもエレアコを使っておられた時期がありましたね。 僕が見たのは、イルカのサポート時の映像です。 1990年のファンタスティック・トリップっていうツアー。 91年にNHK BS-2で放送されましたね~。 VTRやLDでも発売されてたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スーパースター」

近所でちょっとした催しがありました。 地元商店のバザー・マジックショー・中学校音楽部の演奏・カラオケ歌謡ショー・ フリーマーケットなど、よくある奴です。 暇だったんで、かま嫁と行ってみました。 会場に着くと、「フォークソングショー」が始まるところでした。 20代とおぼしきデュオがステージにいます。 もちろんアマチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくと観光バスに乗ってみませんか」を観光バスの来ない村で聴いた。

北海道・石川さんと言えば・・・ それは三十数年前の6月のこと。 僕は北海道S半島西海岸の某YH(ユースホステル)に宿泊していました。 大学祭が6月なので、その前後を自主休講(笑)しての北海道一人旅。 ワイド周遊券とYHが強い味方です。 当時まだS半島一周道路は開通しておらず、 そのYHまではバス終点から海沿いの山道を…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「ギターを鳴らせ」

驚きました。 かま嫁曰く、「段ボールギター、まだとっといてあるわよ。」だって! これです。 製作から10年以上、かなりの経年変化が認められます。 ネック折れ・ネック元起きがひどいですね。 トップの状態も良くないな~。 鉛筆書きの弦も薄くなってます。 まあ、園児だった子供達も今や中高生ですからねえ。 仕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ガンバラナイけどいいでしょう」

かくしてまた始まったギターとの日々。 学生時代のようなひたむきさはもう、ありません。 必死に努力してやっと弾けた時のうれしさ。それはもちろん知ってます。 同年代でより高い所をめざしている人も沢山います。 僕も頑張らなくちゃ!と思う時もある。 でもね、練習する気合やら根性やらが湧いてこないんですよ。 ・・・老眼のせいか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「青春の詩」

90年代に入ると、少しばかり風向きが変わります。 時折フォーク特集番組が放送されるようになったんです♪ 僕らの「青春の歌」が帰って来た! WOWOWで放送された「坂崎幸之助のミュージックランド」あたりが嚆矢でしょうか。 これはくやしかったな~。 WOWOW加入してないから見れないの! 無料放送の日はしっかり見ましたが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「さらば青春」

YD-304と暮らす楽しい日々。 でも、蜜月はそれほど長くは続きませんでした。 僕もやがて職に就く時が来たのです。 それまでのような時間はありません。 さらに音楽シーンも移り変わってゆきます。 フォークからニューミュージックへ、さらにポップ、ロックへ。 アコースティックギターはダサい!ってな風潮に。 僕個人に関…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「あゝ青春」

YD-304との日々が始まりました。 愛用者カードを送ったら、S-yairi純正(?)の音叉が送られてきました。 ちょっと珍しいでしょ?(^_^)v 一緒に写ってるのは保証書。 「無期限に保証」です。すごい自信ですね。 ユーザーとしてはうれしい限りです。 ・・・もっとも皆さんご存知のように、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「青春」

気を取り直して、ギターの話に戻ります。(^_^;) 楽器店のYD-304・・・やっぱりFG-160より貫禄があります。 ただ、この頃から品質低下の噂がありました。 需要の急増・良質な材の不足など、無理もありません。 お店のお兄ちゃんに相談。・・・値段なりの音はしますか、これ? すると、「悪くないけど、こっちなん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「君と歩いた青春」

さて。 ようやく指もギターに慣れ、「F」もなんとか押さえられるようになり・・・ 「なごり雪」と「22才の別れ」のギターに魅入られ・・・ まあ、よくあるパターンで高校時代は過ぎます。 そしてなんとか大学生に。 もちろん学生アパートにギターも持って行きましたよ。 でも、大きな音は出せません。 ギター・マンドリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青春の傷み」

あこがれのフォークギターを手にしたのはいいけど・・・ 指先が溝状に凹む。 皮がむける。 指が痛い。 まさしく「青春の傷み」そのものであります。(笑) 70年代中頃になると、フォーク関係の雑誌もあれこれ出始めましたね。 老舗の「新譜ジャーナル」、ややミーハーっぽい「guts」、 もう少し後には「guita…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私たちの望むものは」

FGネタは続きます。(笑) ヤマハFG-160・・・発売当初は\16,000でした。 でも、僕が入手した時は\18.000! プレミアがついたんじゃありません。単なる値上げです。 発売から1年経つか経たないうちに値上げ! 時あたかもオイルショック~狂乱物価の頃。 この先日本は、世界はどうなっちゃうんだろう・・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」

さて、僕のFG-160がどんなんだったか。 まず、3弦がストリングポストのあたりでよく切れました。 ビンっ! あ~、ン百円が飛んでった・・・ 高校生にとってこの手の出費は痛いです。 そう言えば、時々弦を煮たっけな~。 確かに音は新品時に近くなったものの、鍋は傷だらけ。(笑) ちょっと弦を張りっぱなしにす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「人生は流行ステップ」

S&G(サイモンとガーファンクル)→B.S&T(ブラッド・スエット・アンド・ティアーズ) そしてジャズに興味を示し始めた生意気なかまいちも、高校生に。 日本の音楽なんてカッコ悪~っ、と軽蔑しております。 そんなある日、クラスメートの一人が学校にギターを持ってきました。 フォークギターというやつです。 1972年当時鉄弦ギタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「真夜中のギター」

そう言えばまだギターの話をしてなかったような。(^^ゞ 僕はギターが好きです。 でも、ちっとも・全く・さっぱり上手くない。ド下手です。 これ、石川鷹彦さんのせいなんです。 石川さんが「悪い」という訳ではありません。 石川さんが「原因」だと言っている。 どういうことかと言いますとね・・・ 1970…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more